TOP > 外反母趾について > 外反母趾と遺伝の関連性
▽スポンサードサーチ

外反母趾と遺伝の関連性

様々な原因が重なり合うことで、「親指が(くの字)に曲がる」「小指の第2関節が曲がった状態で、真っ直ぐに伸びない」…そして、想像以上の痛みを発症する疾患が外反母趾なのです。
この外反母趾の原因の1つに、「遺伝」があります。そしてその遺伝には、「先天的遺伝」と「後天的遺伝」があります。

○先天的遺伝…
先天的遺伝とは、染色体/遺伝子の変異を親が持っていて、それが子どもに遺伝する疾患をいいます。しかし厳密にいえば、外反母趾は医学的に「遺伝性疾患」とは認識されていません。では何故、外反母趾の原因の1つに「遺伝」が含まれているのでしょうか。
実は、足や手を含むすべての骨格は、親の特徴を受け継ぐといわれています。つまり、骨格遺伝なのです。
お母さんがハト胸だったとしたら、女の子もハト胸になる…お母さんが外反母趾を発症していれば、女の子も外反母趾になりやすい骨格を受け継いでいるのです。
もし女の子がハイヒールなどを履かない年齢(~18歳頃まで)で外反母趾を発症した場合、間違いなく骨格遺伝が原因と考えられます。
(上記のように、若い頃に発症する疾患を若年性外反母趾といいます。)
また、外反母趾は女性に発症しやすい疾患であり…逆に、男性は比較的発症しにくい疾患でもあるのです。
(外反母趾になりやすい骨格を遺伝したとしても、「男性」に生まれてきたというだけで外反母趾を発症しにくくなります←筋肉の付き方等々が違うため)。

○後天的遺伝…
例えばハイヒールなど足先を締め付ける靴を履き続ければ、外反母趾を発症しやすくなります(=後天的遺伝)。また外反母趾を発症したお母さんは、女の子が幼少の時からある行動をチェックするべきだと思います。
ある行動…それは「きちんとサイズの合った靴を履いているか」「真っ直ぐ歩いているか」を注視することなのです。
例えば幼少の頃であれば、小さめの靴を履いていたとしても、自分から「この靴、小さい」とは言えないものです。お母さんがしっかりチェックすることで、外反母趾の火種を根こそぎ取ってしまえばいいのです。
このように外反母趾の原因の1つに遺伝も含まれますが、外反母趾は急に発症する疾患ではありません。複数の原因が重なり合って発症する…それが外反母趾なのです。
そのためにも常日頃から足の筋肉を鍛える・素足で歩く等々をして、足のケアをすれば…外反母趾を予防することは、十二分可能なことです。
外反母趾の恐怖・辛さ・痛みは、発症した人間しかわかりません。後悔しないためにも、是非、行動を起こしてください。