TOP > 外反母趾について > 靴の選び方、中敷の役割
▽スポンサードサーチ

靴の選び方、中敷の役割

中敷きとは、靴の中に使われている言わばクッションのような役割をもったものです。中敷きがあることで、歩行時の疲労の軽減、痛みの緩和、ムレの防止の効果があります。外反母趾の方にとって靴選びは重要な選択ともいえます。自身の症状に合った靴を見つけることで、快適な歩行ができるでしょう。基本的に、厚めの中敷きを使用することをおすすめします。厚い中敷きはクッションとしての役割をより強く担ってくれるためです。

また、近頃は「外反母趾専用の中敷き」も販売されています。正しい体重移動の補助の役目があるものや、疲労や痛みを軽減してくれるタイプのものもあります。中には、親指を適切な位置に誘導し、足指を適切なアーチ型にする補助をしてくれるものもあります。ちなみに、外反母趾と診断された方には病院から処方される中敷きもありますが、より自分に合う中敷きを探してみるのも良いでしょう。

ただ、中敷きがあるからといって全ての外反母趾に効果があるわけではありません。中敷きの種類や、履く靴によって効果は大きく左右されます。外反母趾での変形が強い場合、いくら中敷きを厚くしても足の指の付け根が靴に当たっていては痛みも防ぎようがありません。足囲が広い靴やサンダル等が望ましいといえるでしょう。

中敷きは確かに外反母趾の痛みを緩和し、外反母趾の予防の補助ができると思います。しかし、適切な中敷きを使用しないとより外反母趾の痛みを悪化させることになりかねません。また、重要なこととして、中敷きを変えただけでは外反母趾は治らない可能性が高いということです。医師や専門医の意見を聴いて、しっかりと相談・治療を行っていくことが大切です。