TOP > 外反母趾について > 足の裏の筋肉を鍛える
▽スポンサードサーチ

足の裏の筋肉を鍛える

外反母趾の患者の方は、足裏の筋肉が衰えている人が殆どです。また、そのために偏平足になっていて、足は適切なアーチを描いていません。今回は、そのアーチを取り戻すために足裏の筋肉を鍛える方法を紹介したいと思います。

○足じゃんけんトレーニング
足でじゃんけんの「グー」「チョキ」「パー」を作っていきます。グーでは足の指をできるだけ曲げて、しっかりと足の裏まで指を握るイメージで行いましょう。この時、指の付け根から曲げられるように意識をしましょう。チョキは足の親指だけ上げ、他の指は握りましょう。もし、しにくかったら始めは手を使っても大丈夫です。パーでは、足の指全てを広げ、できるだけ指と指の間を作っていきます。どれも最初はうまく力が入らず、難しいかもしれませんが毎日トレーニングすることで、確実に効果が得られます。

○タオルトレーニング
次は、タオルを使ったトレーニングです。足の裏がしっかりと地面に着く高さで座れる椅子を用意します。裸足になり、自分の足の裏にタオルを敷きます。それを、足の指だけでたぐり寄せていってください。簡単そうに見えますが案外難しく、足の指を上手に使えないと上手くたぐり寄せることはできません。毎日継続することで、足の指を上手に使えるようになります。

外反母趾にかかっている人は、前述した通り足裏の筋肉が衰えている人が多いため、このふたつのトレーニングがうまくできないこともあると思います。しかし、毎日行うことで足裏の筋肉が鍛えられていくのは実感できるはずです。また、筋力がつけば、足の指が適切なアーチ型に近づくことにも繋がります。ただ、注意点として症状が酷い時に無理にトレーニングを行うと、症状が更に悪化することもあります。自分の外反母趾の状態でトレーニングを行って良いのかはお近くの病院や専門院に相談すると良いでしょう。