TOP > 外反母趾について > 足裏ケアで、外反母趾を予防する
▽スポンサードサーチ

足裏ケアで、外反母趾を予防する

外反母趾の原因のひとつとして、足の機能低下が挙げられます。今回は、その機能低下を防ぐための簡単な足裏ケア・マッサージを紹介したいと思います。普段ハイヒールなどを長時間履いている方や、歩き方で足に負担がかかっている方は是非試してみてください。

○足の指を開き、しっかりと足の指を広げる。
足の指だけ行わなくても、手で広げていっても効果はあります。手をじゃんけんのパーの形にするように、足の指でパーを作ります。普段閉じられている足の指を広げることで、足の指の可動域を広げることができます。また。この足の指を開くのは足に疲労がある時は爽快感が得られます。足の指を広げる専用のクッション等もありますので、興味のある方は購入してみるのも良いと思います。

○足の指を足の裏の方へ曲げる
足の指の付け根から足の裏の方へ、手を使って曲げていきます。痛みが伴う場合は無理をしすぎず、徐々に慣らしていってください。前述したケアがパーならば、これは足の指でグーを作るイメージです。

このふたつが簡単にできる足裏ケアです。しかし、痛みが強かったりする場合は無理に行うことはしないで下さい。このふたつを毎日行うことで、足の疲労回復や足の指の関節が柔らかくなる効果が期待できます。自分でできない場合、足裏ケアは整体やエステ等で行っている場所も多いですので、そのような場所に行くことでより良い効果を得られることもあるでしょう。足裏ケアを行い、気持ちよく外反母趾の予防をしていきましょう。